シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > 高級シャンパン

アムール・ド・ドゥーツ

2012年9月12日

アムール・ド・ドゥーツアムール・ド・ドゥーツ。ドゥーツ社のプレステージ・キュヴェ。洗練されたシャンパーニュ、シンプルながらも美しいボトルは最高にエレガント。

ドゥーツは、1838年にウイリアム・ドゥーツとピエール・ユベール・ゲルデルマンの二人によってアイ村に設立。ピノ・ノワールで有名なアイ村が本拠でであるにも関わらず、ブラン・ド・ブランが得意なのは、ちょっと不思議なところ。

ドゥーツの品質の高さを証明するのが、スタンダード・キュヴェであるブリュット・クラシックをハウス・シャンパーニュにしているレストランの存在。有名なパリの3つ星レストラン「タイユヴァン」がドゥーツのシャンパーニュをハウス・シャンパーニュに指定している。

Tailleventというラベルのシャンパーニュが日本でも売られているが、中身を作っているのは実はドゥーツ社。

そんなドゥーツ社が作っている最高のキュヴェがアムール・ド・ドゥーツ。このキュヴェは3つのグラン・クリュからシャルドネのみを集めて作らている。芳香で複雑かつ繊細、熟成に耐えるポテンシャル、まさに夢のようなシャンパーニュ。

このシャンパーニュの魅力は美味しさもさることながら、ボトルとミュズレー。王冠に紐が付いていて、天使が小さなダイヤを持っている。ちなみにこのダイヤモンドは本物。デートなら盛り上がること必至。

  • アムール・ド・ドゥーツ
  • rssフィード
Ads by Google