シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパンの銘柄

ヴーヴ・クリコ(Veuve Cliquot)

2009年12月 8日

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンは永遠の貴婦人のようなシャンパン。その圧倒的な美しさで魅力を放つイエローラベルは、多くの映画に出演するスターのような存在。

ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベル

イエロー・ラベルとは

ヴーヴ・クリコのイエローラベルは鮮烈なエチケットがとても印象的です。誰もが憧れる有名なしゃんぱんです。美しいエチケットは映画に登場することもしばしばあります。シャンパンは元々、人に夢を与え、その場を華やかにするという宿命を背負った飲み物です。

シャンパンの持つそういった性質に早くから気づき、着目していたヴーヴ・クリコは、現在、シャンパン・メーカーの中で最もマーケティングの巧みなメーカーと言って良いでしょう。その一番の例が、ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベルというわけです。

ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベルはピノ・ノワールという黒葡萄の味わいを前面に押し出した、骨格感のある、ふくよかな味わいです。もちろんシャンパン特有の爽やかさもふんだんに感じ取ることができます。栓を開けた瞬間に開放される華やかな芳香。

ヴーヴ・クリコとは

まだヴーヴ(未亡人)ではなかったポンサルダン婦人は1798年、シャンパン造りに情熱を注いでいたフランソワ・クリコ氏と結婚。フランス革命の真っ只中の当時はフランスは混乱しきっていました。そんな時代に後のヴーヴ・クリコは結婚したのです。

しかし、結婚してほんの4年ほどで夫のフランソワは急死。亡き夫のシャンパン造りの遺志を引き継ぎ、ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンはシャンパン経営に乗り出すのです。商才豊かなヴーヴ・クリコは時代の混乱と当時としては他に例がない女性経営者であるという不利点をものともせず、次々と販路を拡大し、成長していきます。

ヴーヴ・クリコのシャンパンに残した功績は、同じくヴーヴのポメリーやドン・ペリニョンと並び非常に大きい。当時はまだ不安定な要素のあったシャンパンという酒の品質を劇的に高めたのである。この品質の安定化もまた、ヴーヴ・クリコの販路拡大に大きく役立ったのです。

現在では当たり前のこととなっている斜めに傾いた板(ピュピトル)に瓶を立て、澱を落とすという作業、いわゆるルミュアージュ(動瓶)はヴーヴ・クリコが、瓶を動かす職人が作業しやすいように配慮して生まれた作業なのです。女性らしい優しい気遣いがシャンパンの品質向上に大きく役立ったのです。

ヴーヴ・クリコのシャンパン

伝統的なスタイルを守りながら、黒ブドウ(ピノ・ノワール)の良さを引き出し、ふくよかで口当たりが良く、新鮮な果実香、風味豊かで熟成香溢れるシャンパンを造り出しています。ヴーヴ・クリコの代表銘柄イエローラベルは鮮やかなラベルが女性に人気。

ヴーヴ・クリコの今

イタリアのデザイナーであるエミリオ・ヴッチとのコラボや、クリコ・トラベラー、アイスジャケットなど、魅力的で新しい商品を次々に投入するマーケティングがとても巧みな大手シャンパン・メゾン。上記のイエローラベルは美しく何とも特徴のあるエチケット(ラベル)です。このエチケットをこよなく愛したのが映画「ゴッド・ファーザー」シリーズで有名なフランシス・コッポラです。映画の中で何回か登場しました。女性にも人気なので贈り物に最適でしょう。

ヴーヴ・クリコの一覧

  • ヴーヴ・クリコ(Veuve Cliquot)
  • rssフィード
Ads by Google