シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパン・グラス

シャンパン・グラスを選ぶ

2009年12月 8日

シャンパンを楽しむ上で最も基本的なのはシャンパングラスです。レストランやバーなら気にする必要はありませんが、自宅でシャンパンを飲むなら、本格的なシャンパン用のグラスは必須アイテムなのです。

シャンパンに限らず、ワインの味わいはグラスによって大きく左右されます。正確に言うと、グラスによってワインの味自体が変化するのではなく、それを感じとる人間の味覚が左右されるのです。試しにマグカップでワインを飲んでみてください。はっきりいって非常にマズいです。

シャンパン・グラスのフルートとクープ

シャンパンのグラスには大きく分けて2つあります。一つは細長いフルート型。もう一つはパーティーなどでよく見かけるクープ型です。

シャンパン・フルートとクープ型
シャンパン・フルート クープ型
フルート クープ

シャンパングラスの違い

シャンパン・フルート
は言うまでもなく、非常に美しいです。ロゼなどを飲んだ時に色がより映えるのもフルート型です。シャンパンを飲むのにこれほど相応しいグラスはありません。香りが細い中に充満し、品良く漂ってきます。
クープ型
クープはパーティーなどでよく使用されます。一口で飲みほすためのような感じで作られています。確かにこちらの形状のほうが泡が逃げやすいので、レストランなどのゆっくり味わう場所ではあまり使用されません。マリー・アントワネットの胸をかたどったのが起源と言われています。

シャンパン・グラスの違いについてご理解頂けたでしょうか。あなたはどちらがお好みでしょう。機能にこだわらず、自分の好きな形で飲んだほうが気分良く飲めるのも事実です。自分の好きなシャンパン・グラスを見つけて、豊かなシャンパンライフを過ごしてください。

  • シャンパン・グラスを選ぶ
  • rssフィード
Ads by Google