シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパーニュとは

シャンパンのマグナムボトル

2009年12月 8日

マグナムボトル

シャンパンのマグナムボトルとは何でしょう。一般の750mlのボトルの倍の量である1500mlの容量が入る瓶のことをマグナムボトルと言います。シャンパンに限らずボルドーなどにもあるボトルです。よくマグナムボトルに入っているシャンパンやワインは美味しいと言われます。

これは750mlのレギュラーボトルも、1500mlのマグナムボトルも瓶の口の大きさは変わらないのですが、容量が異なります。つまり、瓶の口を通してシャンパンやワインの空気に触れる量が、単純計算で倍近く違うわけです。通常より倍近い時間をかけて、ゆっくりと熟成するため、マグナムボトルのシャンパンの方が美味しいというわけです。

マグナムボトルの熟成について、興味のある方は、時間と金を掛けて実験してみましょう。同じ銘柄、同じヴィンテージのシャンパンを、レギュラーボトルとマグナムボトル両方を購入します。あとは1年でも3年でもひたすら待ちます。できれば、それぞれ6本くらい購入し、毎年、同じ日に両方のボトルを同時に開けて、飲み比べるのです。

これでシャンパンのマグナムボトルとレギュラーボトル毎の熟成の差が分かるのです。

  • シャンパンのマグナムボトル
  • rssフィード
Ads by Google