シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパンをもっと詳しく

シャンパンの味わい4つのポイント

2009年12月24日

シャンパンの4つのタイプ

ご存知ですか?シャンパンの味わいには主に4つのタイプがあります。この4点に注意して味わうと、メゾンや銘柄毎の違いが分かってきます。

  • 線の細さ
  • 熟成感
  • 甘辛
  • 酸の強さ

線の細さ

シャンパンの繊細さ、エレガントさを表します。線が細いと繊細、太いと骨格感のあるがっちりとしたタイプ。ワインで言う「ボディ」のようなものです。ただし、ワインの場合、ライトボディであればそれなりに安価ですが、シャンパンの場合は線が細いから安いとは限りません。線は品種によりだいたい想像つきます。

シャルドネが多いなら線は細く、ピノ・ノワールが多いなら線が太いことが多いのです。線の細いシャンパンはシャンパン・フルートなどのグラスで楽しむと良いでしょう。逆に、線の太いシャンパンは、赤ワイン用のグラスで楽しめることもあります。シャンパンも、ワインの用に多様に楽しむという考えが広まってきているのです。ぜひ、一度試してみてください。

線の細いシャンパン

線の太いシャンパン

熟成感

そのシャンパンが熟成しているかどうか。NVであってもメーカー毎に熟成感は異なります。例えばボランジェは熟成感があり、ピペは軽い。熟成しているから美味しいというわけではなく、純粋なスタイルの違いと言ってよいでしょう。シャンパーニュは複数年にまたがるブドウ、複数の品種をブレンドされることが許されているので、こういった現象が起きるのです。

熟成感のあるシャンパン

甘辛

extra sec、sec、demi-sec、douxなどのタイプがあります。同じsecであってもメーカー毎に差があります。また酸の強さに影響を与えます。甘いと酸が弱くなるわけではないのですが、甘さが強いと酸が弱いように人間は感じるのです。シャンパンは基本的に辛口です。甘いシャンパンは「セック」とか、「ドゥミ・セック」、「ドゥー」という表示のあるものを探してください。

甘いシャンパン

特別辛口のシャンパン

酸の強さ

酸度の強さを表します。要するにすっぱいかどうかです。シャンパンは発泡性ワインなので、酸は強いに決まっているのですが、さらにシャンパンの中で、酸の強いタイプと中くらいのタイプがあります。シャルドネの比率の高いシャンパンは、酸が強い傾向にあります。

  • シャンパンの味わい4つのポイント
  • rssフィード
Ads by Google