シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパンをもっと詳しく

レストランで飲むシャンパンやワインが美味しい理由

2009年12月24日

レストランで

一言で言うと、シャンパンのキュヴェの違いです。ワインもシャンパンも野菜や果物と同じ農作物です。日本でも親戚からもらった今年の桃は美味しいとか、去年のほうが美味しかったとか、よく聞きますよね。レストランで飲むシャンパンが美味しいのも、あれと同じことです。

農家の人はプライベート用と販売用のものとは区別して作ったり、管理したりします。これは人情というもので誰でも同じことをするのです。

シャンパンも同じで、同じラベルであってもレストランにはより出来のいいキュヴェを回すものと思われます。その方がメーカーには都合がいいからです。レストランで美味しいシャンパンを飲んだら、例えば友人にあの銘柄のシャンパンは美味しかったとか話しますよね。

客が勝手に宣伝してくれるので、メーカーとしては都合がいいわけです。それに、レストランに集まる客の方は舌が肥えているので、メーカー側は下手なものは出荷できない。絶対に出来に自信のあるものを出荷するわけです。

かと言って、一般用のが失敗作ということではありませんよ。

  • レストランで飲むシャンパンやワインが美味しい理由
  • rssフィード
Ads by Google