シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパンをもっと詳しく

シャンパンとワインの違い

2009年12月24日

スティルワインとシャンパーニュ

シャンパンとワインの違いとは一体何でしょうか。シャンパンとワインを比較してみると、まだワインのことをあまり知らないうちは気づきにくい点がいくつかあるのが分かりました。ちなみに、普通の赤ワインや白ワインのことをスティル・ワインと言います。

ボトルの重さが違う

まずは瓶の大きさと重さです。ある日、ボルドーワインを買って帰りました。ワインを持ち帰るのは面倒だけど、1本くらいならなんとか大丈夫だと感じるとします。

同じような感覚で今度はシャンパンを買いました。あれ?やたら重い気がする。家に着いた時はもうくたくたです。これは気のせいではなく、実際に重いのです。試しに空瓶でもなんでもいいので、ボルドーの瓶とシャンパンの瓶を2つ並べて比較してみてください。

明らかにシャンパンの瓶の方が大きく重いのです。これはどういうことかと言うと、シャンパンは瓶内二次発酵する(つまり瓶内での圧力が非常に大きい)ので、普通のワインの瓶よりも丈夫でなければならないのです。

こんな初歩的なことを知らずに、暑い夏の日に今日はリッチにシャンパンでも買って帰ろうなどと思うと、やたら苦労する羽目になるのでご用心。

基本的な値段が違う

あとは値段です。シャンパンは基本的に高価です。他の地方の安いものを探せば1000円を前後で売っていますが、本物のシャンパーニュを買おうとすると3000円はします。やはり作る手間や輸入のコストは他のワインより大きいのでしょう。

ただし、例えば他の地方の3000円のワインを買ったとしても必ずしも美味しいとは限りませんが、シャンパンの場合はあまりハズレはないのです。値段が高い分、味と品質の保証だと思えばいいでしょう。

外れだったとしたら、それはシャンパーニュ以外のスパークリングを間違えて買ってしまったということでしょう。多分ね。カヴァとかスプマンテとかクレマンとかまずいのはいくらでもありますから。下手に安酒に手を出すなら、飲む回数を減らしてシャンパンを飲みましょう。心が豊かになるかもしれません。

ちなみにカヴァなんかは場合によってはすごくお値打ちでいいものが見つかることもありますので、探す価値はあると思います。

  • シャンパンとワインの違い
  • rssフィード
Ads by Google