シャンパン党(シャンパーニュ好きのサイト) > シャンパーニュとは

シャンパン購入時の注意点

2009年12月 8日

どこでシャンパンを買う?

シャンパン購入の留意点は以下の通り。

  • どこで売っているか
  • お店選びのポイント
  • 正規輸入品と並行輸入品の値段の差
  • 自分用かギフトか

どこで売っているか

最近はシャンパンを扱っているお店が増えました。デパートはもちろん、それより安く買えるのは成城石井やクイーンズ伊勢丹、ピーコック、紀伊国屋などの高級スーパーです。値引きしていれば3000円台で買えます。これらの販売店は安定した品質のシャンパンを販売しています。また、近所の酒屋が信頼できる店であれば、そういう店で買うのも良いでしょう。あとはネットショッピングも便利です。なにせ重いボトルを持ち帰る必要がないのでとっても楽ちん。

ネットショッピングの買い物と、お勧めの店については「ネットショッピングでワイン、シャンパンお取り寄せ」をご覧ください。

ちなみにシャンパンの瓶は普通のワインの瓶より重いです。ガスの圧力に耐えるために、より丈夫な作りになっています。

お店選びのポイント

シャンパンはワインと同じく、同じ銘柄でも瓶毎の品質に固体差があるお酒です。ですので、シャンパンを扱うお店の信頼度はとても大事なのです。

シャンパンが似つかわしくない普通のスーパーなどで買ってはいけません。以前○オン系でシャンパンを買ったことがあるのですが、栓を開けた瞬間に中身が勢いよく出てきました。どう考えても輸送や保存に問題があったとしか思えませんが、文句を言おうにも対応できる店員や担当の人がいるとは思えないのです。ですから、ちゃんと専門店や専門の係りのいる店で買うことをおすすめします。

いくら安くても品質に問題があるのは安物買いの銭失いです。よく考えて買い物をしましょう。

シャンパンの正規輸入品と並行輸入品

シャンパンの正規輸入品とは生産元から直接、国内の代理店などに送られてくるシャンパンです。いわば保証付きなので、品質に問題があることはほとんど無いでしょう。

一方、シャンパンの並行輸入品とは生産元から、他の国を経由して入ってくるものです。正規輸入品より安いのですが、流通経路の保証がないため、可能性としては品質に問題がある場合があります。この二つの違いはよく知っておく必要があります。

正規輸入品の場合は、ほぼ間違いなく「正規輸入品」と明記してあります。それが販売元の品質保証になるからです。一方、並行輸入品は「並行輸入品」とは明記されることはほとんどありません。流通経路の保証がない商品であるのに、自分からそれを申告する必要がないからです。また、これらの表示を義務づける法律もありません。

極端に安いシャンパンには注意が必要です。とは言え、全ての並行輸入品の品質が悪いわけではありません。並行輸入品を扱っている店であっても、自分なりに安心できるお店が見つかれば、これが一番嬉しいのではないでしょうか。

詳しくはワインの並行品について知っていますか?をご覧ください。

自分用かギフトか

ギフト用に買うならやはりデパートがいいと思います。包みやのしに対応してくれます。最近はネット上にも大手百貨店が出店しています。もちろんギフトにもきっちり対応してくれます。特に高島屋ウェブはギフトようにおすすめです。値段は他より高いですが、品質という点からも安定しているので、ギフト購入の際はけちらないことをお勧めします。

次回はシャンパンの値段について詳しく説明します。一体シャンパンはいくらぐらいで買えるのでしょうか。

  • シャンパン購入時の注意点
  • rssフィード
Ads by Google